売れない不動産はどんな理由

かつては不動産といえば、「ほっといても売れる」などと呼ばれていたそうですが、今現在、なかなかそうはいかないようです。
その理由はいったい何故なのでしょうか。
中古マンションを例にすると、築年数が20年、25年以上などの物件は、その時点で管理費や修繕積立金などの負担が多くなってしまっています。
そうなると月々の支払金額が、一般的な賃貸住宅の家賃を軽く超えてしまうことも。
それではやはり購入を躊躇してしまう人が多いのではないでしょうか。
一戸建ての場合でも、かつて多く作られた、都心から離れた郊外にあるニュータウンでは高齢化がだいぶ進んでおり、空家率は上がる一方だそうです。
そうなればやはり売りに出されている物件はたくさんあり、長く売れない物件があるのは仕方がないでしょう。
しかし、今まで述べたような「売れない不動産」は悪い話ばかりではありません。
何故なら、今流行りとなっている「リフォーム」や「リノベーション」があるからです。
昨今、安い中古物件を購入し、リフォームもしくはリノベーションをして新築同然にして住む人が増えているようで、そういう人たちにとって、これらの「売れない不動産」が狙い目となっているの事実でしょう。
かつては新築に住むことを目標としていた時代がありましたが、時代の移り変わりに合わせて新しいニーズが生まれるのですね。